「善人なおもて往生す

いわんや悪人においておや」





「善人なおもて往生す
「善人なおもて往生す
  (2007-04-12) 
 池波正太郎がその作品の中で度々言ってるそうな、、
 (人は善を行いながら、悪をも行って{考えて}いる)と、、
 想いを手繰ってみると、、それは生物の生存本能という形容に突き当たる
単細胞生物から、いくら進化を続けても それは30センチが限界であるらしい
 それ以上進化する為には雌雄別々の成長が必要とされる、、
 その過程において、弱肉強食・自然淘汰が繰り返されるわけだが 、、

 たとえば困難に向き合い、或いは警戒を必要とされ、また迷う時、その細胞は”擬態”を以って臨んだ!
攻撃は最大の防御であり、防御の為には自らを欺いてみせる必要がある
 礼儀正しい”偽善”、、しかし本性は、、いわんや悪人においておや」と坊さんは、とっくに看破している。


   


日本とわたし[医学/生理学]
 
食べたい!呑みたい!あなたをサポート【八糖仙】



カレンダ
2017年4月
           
22
           

アーカイブ
2010年 (9)
4月 (1)
5月 (7)
6月 (1)
2017年 (457)
3月 (21)
4月 (116)
5月 (66)
6月 (59)
7月 (69)
8月 (57)
9月 (28)
10月 (28)
11月 (13)

アクセスカウンタ
今日:62
昨日:154
累計:398,405