イタチの母性

野生と人間性





イタチの母性
 動物園で
飼育係が(もうボチボチ生まれたかな?)とイタチの巣穴を覗いたところ、
わが子を見られた(狙われた)とみた瞬間!母親イタチはわが子を噛み殺したという。
 そうして、飼育係にキバを剥き、身構え、飛びかかった、という。
 (2度と覗くまい!、とゾッとした、という)

 他人の食い物にされるよりは自ら瞬時に・・子にとって苦痛無く・・後顧の憂いなく(目の前で我が子の腹を食い破られる悲惨を見るよりは)・・野生の、本能、である
人なら・・母子心中であろうか?・・
野生に生きる身なればこそ、の母性愛であろうか(子の本望でもあるだろう)

 せめて人の子の親にもココロ構えなりとはほしい・・
その心をもってして、子を育ててほしい。
 人間世界でこれを実際みせたは、アメリカインディアンと日本人だけしか、わたしは知らない(満州から引き揚げ時の母娘)

 懐に刀・死生観・覚有情 を忘れ去った日本人へ


   





カレンダ
2017年4月
           
19
           

アーカイブ
2010年 (9)
4月 (1)
5月 (7)
6月 (1)
2017年 (430)
3月 (21)
4月 (116)
5月 (66)
6月 (59)
7月 (69)
8月 (57)
9月 (28)
10月 (14)

アクセスカウンタ
今日:1,480
昨日:1,807
累計:312,393